京都のハザードマップを確認する中坊進二

京都ではありませんが、中坊進二の地元が台風で水没した時、
様々な情報ツールを使って浸水状況を逐一確認したものです。
意外と有能だったのがツイッターで、
地元住民によって写真がたくさん投稿されていました。
中坊進二の実家は、浸水したエリアから約2kmのところで、
あとひとつ川が氾濫したら危なかったかもしれません。

京都府では、様々な水害の情報発信をしています。
ツイッターのような一般人による投稿から、
市による公式発信まで、様々な情報が飛び交っています。
少なくとも、写真であれば大体真実で、信ぴょう性は高いです。
中坊進二の現住所は京都のど真ん中で、あまり水害とは無縁ですが、
福知山の方では過去の水害の情報を詳細に発信して、
避難の役に立たせようという取り組みを行っているみたいです。
このエリアは一昨年の台風でもかなりの被害を受けており、
流木や道路の寸断があり、避難が大変だったそうです。
昨年だと土砂崩れもあったそうです。
過去起きたということは、今回も起こりやすいことを意味し、
これを使って効率良く避難することが出来るというものです。

中坊進二が居る京都市南区のハザードマップを確認したところ、
河川から離れていることもあり、ひどくても50cmの床上浸水で済みそうです。
それでも数百年に一度のケースですので、
家に居ても、二階に上がれば何とかなるかもしれません。
正直、ウチが全部水没するレベルでしたら、
山科の方に避難しないといけなさそうですね。

京都府福知山に居るゴーヤ先生に会いに行く中坊進二

自分が住む街のマスコットキャラクターは、
意外と言えるものです。
と言いつつ、中坊進二は自分が住んでいる街(京都府京都市南区)の
マスコットキャラクターを言えないんですけどね。
調べたところ「ナンナン」という胴長のパンダみたいです。
初めて知りました。
と言うか、中坊進二は一度も見たことがありません。
区単位でのご当地キャラはマイナーすぎてダメなのかもしれませんね。
あっ、鸞恩くんは見たことあります。

京都府福知山には「ゴーヤ先生」が居ます。
別に福知山はゴーヤの名産地ではありません。
むしろ、京都の農家では誰ひとり栽培していないようです。
では何故、福知山に「ゴーヤ先生」が居るかと言いますと、
このゴーヤは壁面緑化に使われています。

壁面緑化、または、緑のカーテンとも呼ばれており、
室内の気温上昇を防ぐのに一役買っています。
熱帯性の植物なだけあり、直射日光や高温にも強く、水さえ与えておけば、
グングン育って街中を緑で埋め尽くすのに貢献しているのです。
福知山ではこの緑のカーテンを率先して行い、
その普及として「ゴーヤ先生」が活躍しています。
ちなみに、「ゴーヤ先生」は常に
モルタルボード(大正時代の教授が被っていそうな黒い帽子)をかぶっていますが、
それを取ると、ピョコンと二葉が見られるみたいです。
中坊進二としては是非、拝みたいところです。

南の国出身で、福知山在住の「ゴーヤ先生」は、
日本全国を駆け回って、緑のカーテンを普及しているみたいです。
中坊進二の地元にも来てくれないでしょうか。

京都の電車の車内マナーについて考える中坊進二

東日本でようやく、「電車の優先席付近では電源オフ」が
「電車の優先席付近では混雑時のみ電源オフ」に切り替わりました。
中坊進二がいる京都(西日本)は去年からそうでしたので、
気持ち的には「やっとか」という心持ちです。

電車の車内マナーについては色々と昔から議論されており、
今回は画期的な解決策を中坊進二は考えたいと思います。
例えば、カッター漕ぎのようにみんなで協力するのはどうでしょうか。
みんなで心を合わせて一致団結してひとつのことに没頭することで、
仲間意識が強まります。
これなら、車内で発生するトラブルを防げるというものです。

東京都の方では、敢えて、座席を取り払った車両があると聞きました。
京都でもソレを導入すれば、乗車人数を増やせるというものです。
折り畳み式だそうで、混雑が解消されたら、椅子が出現するみたいです。
下から生えてくるのでしょうか。
中坊進二は見たことがありませんので想像ですが、かなり気になるところです。

歩きスマホも問題ですよね。
京都でも、ホームへの落下が問題視されています。
何か対策を練った方が良さそうです。
例えば、歩行の振動を感知したらスマホが停止するようにするのはどうでしょうか。
これなら歩きスマホを防げそうです。
そうなりましたら、
今度はセグウェイに乗ってスマホを操作する人が出てきそうですので、
その時は別の対策を考えることにします。
なんだかイタチゴッコになりそうですが、
中坊進二は頑張ってアイディアを振り絞りたいと思います。