京都の交通事情を中坊進二に聞いてみた

大勢の観光客が賑わう京都。
そんな京都の交通事情を中坊進二に聞きました。

京都の中坊進二は車の免許を持っていますが、
京都市内を移動する際は基本は自転車徒歩などで移動しているそうです。
それは、自転車のほうが小回りが利きスムーズに移動出来るからです。
観光客が賑わうため、車での移動だと渋滞に巻き込まれる可能性が高いからです。
京都に住んでいる中坊進二はどのシーズンが混むというのもわかりますが、
やはり自転車のほうがスムーズに移動が出来て便利だそうです。
しかも市内の地形は平坦で、自転車で走りやすいというのもあります。
時間通りにたどり着くためには京都なら自転車が最適だそうです。
そのため京都観光でも自転車での移動を中坊進二はすすめています。

また、車だと京都市内は移動しづらいということもあります。
2車線でも実際に走れるのは中央寄りで、
歩道寄りはタクシーの乗り降りなどにつかまって
思うように移動できないということがあるからです。
また、京都は一方通行も多く、
遠回りすることもあるから手間が掛かると中坊進二は話していました。
京都の街は狭い道も多く、一本裏道に入ると車だと苦労することもあるそうです。
京都は昔の建物や長屋が多く、道幅も昔のままがところがあります。
そういった道を車で時間を掛けて通るよりも、自転車のほうがスムーズだそうです。

京都の交通事情を中坊進二に聞いてみました。
バスやタクシーなどがあっても、自転車のほうが進みやすいんですね。
観光の際には自転車をレンタルして回ったほうがスムーズで、
ストレスがかからないかもしれませんね。

中坊進二もやっている、京都でも人気のボルダリング

新しいスポーツとして密かに人気なのが、
所謂壁のぼりのボルダリングです。
体一つで壁を登っていくこのスポーツは、
単純明快で子供から大人まで人気です。
中坊進二も京都でも人気のボルダリングを行っています。

中坊進二は以前、日ごろの運動不足を解消するために、
何かやりやすいスポーツはないかと探していました。
野球やサッカーなどの球技は楽しくても、メンバーと場所が必要です。
ジョギングは手軽に出来ても、続けるのに根気が必要です。
色んなスポーツを検討してみたものの、
気軽にかつ長続き出来そうなものがなかったようです。
そんな時に中坊進二が知ったのが、京都でも人気のボルダリングでした。
料金も安く、特別な道具がなくてもすぐに始められるのがボルダリングです。
中坊進二にとって条件もよく、
京都にあったのでボルダリングジムに通うようになりました。

シンプルがゆえに楽しく、頂上に登り詰めた時は気持ちがいい。
京都のジムでボルダリングをしてから、中坊進二はすっかりはまりました。
そのため、京都でボルダリングが出来てよかったと中坊進二は思っています。
登る楽しさを知ってか、定期的に通っています。
傾斜のある壁が難しく、だからこそチャレンジのし甲斐があると考えています。
特に自分よりも年齢が低いのに、
自分よりもさくさく登っていくのに闘争心を燃やしています。

京都で汗を流したい方にぴったりなのが中坊進二がやっているボルダリングです。
一度試してみてはいかがでしょうか。
気軽にやれて奥が深く、達成感もあるスポーツです。

中坊進二も大好きな京都の濃厚ラーメン

京都の料理と聞くと、薄味で上品なイメージを思い浮かべると思います。
そんな京都では色々なラーメンがあり、実はラーメン激戦区でもあります。
中坊進二も好きな京都のラーメンは、
しょうゆベースのこってり濃厚ラーメンが多いのです。
京都のイメージとは違う、パンチの効いたラーメンが数多くあります。
その濃厚なラーメンの虜になるラーメンファンは数多くいます。

中坊進二が京都でお気に入りのラーメンは、
ラーメン激戦区である一乗寺にあるお店の「亜喜英」のラーメンです。
このお店のラーメンはとろとろの鶏豚骨スープが特徴です。
一見すると白く濁っているスープですが、
臭みがなく濃厚なスープでひとたび口にすればその味の虜になります。
麺は中太のストレート麺で、濃厚なスープと非常に絡んで美味しいです。

中坊進二と食べに行ったことがありますが、麺とスープの相性が抜群です。
濃厚なスープの味が口の中に広がります。
それでいてくどくないので、ほどよく味わいが口の中に残ります。
それが癖になり、スープをついつい飲み干してしまいます。
中坊進二が京都のラーメンでここが美味しいとおすすめするのが分かりました。
行列のラーメン屋ですが待つだけの価値があります。
それに行列が出来るということは、それだけ美味しいという証拠にもなります。

京都のグルメというと、京風の味付けの上品な料理や、
抹茶を使ったものなどが思い浮かべます。
ですが濃厚なラーメンもそれはそれで美味しいのです。
京都に来た際は、中坊進二おすすめの亜喜英のラーメンで
濃厚な思い出を残してはいかがでしょうか。

中坊進二と共に拝観した京都文化博物館

某スマホのソーシャルゲームの影響もあって、
いま、空前の刀剣ブームとなりつつあります。
なお、私は海軍の方のゲームすらしていません。
というより、ソーシャルゲーム全般をしたことがありません。
スマホの初期アプリに太鼓を叩くゲームがありましたが、
一度も起動したことがありません。

刀剣ブームはさておき、京都文化博物館で
「大関ヶ原」展が開催されることになりました。
関ヶ原にまつわる武将の武具や文書や絵画が展示されています。
早速、中坊進二と共に拝観したものです。
それと、京都文化博物館に対する問い合わせでは、
骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう)が多かったそうです。
私も中坊進二も、初見では完全に人の名前にしか思えませんでしたが、
骨喰藤四郎は刀の名前になります。
源頼朝からもらった薙刀を打ち直して刀にして、
大阪夏の陣で奪い取って、徳川秀忠が所有したみたいです。
鑑定士ではないので当然かもしれませんが、
私も中坊進二も刀の見分けが全くできません。
刀身だけを並べられても、普通に分かりません。

刀剣についてはさておき、
京都文化博物館で最も目玉となるのが、茶入れ(茶器)です。
なんでも400年ぶりに展示されるとのこと。
家康が所有していた茶器ですので、400年ぶりといったら最早、
初公開に近いのではないでしょうか。
徳川家の宝に興味がありましたら、是非、京都文化博物館へどうぞ。
7月26日までやっていますよ。
私も中坊進二も機会が無かったので体験してはいないのですが、
甲冑着用ができるみたいですよ。

たまには京都の湯豆腐を食べたい中坊進二

時折、京料理が日本の代表的な食事として紹介されることがあります。
現代の私たち日本人の食事は多くの欧米文化を吸収しており、
昔ながらの食材はあまり使われなくなりました。
中坊進二も、朝はミルクとトースターです。
現代の京都人の嗜みとして、ブレックファーストは欠かせません。
ただし、観光客の多くは京都の食文化を求めてこの地にやってきます。
京都には様々な伝統的な食文化が残っており、
地元民である中坊進二はハレの日にたまに食べに行っています。

最も人気のある京料理がどれかは中坊進二には分かりませんが、
湯豆腐は世界的に有名だと思います。
お湯に浸しただけの豆腐が出されるという非常にシンプルな料理ですが、
シンプルだからこそ素材の良さが際立つのです。
今の日本の豆腐の95%は輸入大豆が原料ですが、
京都の料亭にて出される豆腐は有機栽培で作った、
本物の国産大豆になります。
お湯の中に豆腐と昆布が沈んでいるだけの料理ですが、
味付けもまた非常にシンプルです。
中には塩を一つまみだけしか入れないこともあります。
特別な調味料は特になく、
本当に素材の味だけで勝負するのが湯豆腐になります。
ただし、付けダレには一手間工夫しているそうです。
薬味には、ネギや柚子、大根おろしなどがあります。

中坊進二の実家だと、豆腐だけでなく、
白菜や鶏肉なども入れ、最早普通のお鍋になっています。
普通に出汁も入れていますので、
純粋な湯豆腐はなかなか食べたことはありません。
たまには料亭に行って、本場の湯豆腐を食べに行ってみたいと思います。