中坊進二も楽しむ京都のビアガーデン

夏は色んなイベントが目白押しです。
海や花火、お祭りに各種イベントと楽しみ方も色々あります。
京都の中坊進二はビアガーデンに行って夏を満喫しています。

暑い夏だからこそ涼しいところで飲むビールもいいですが、
あえて屋上などのビアガーデンに行きビールを飲むのが格別だそうです。
夏になると中坊進二は友人達と共に
様々な京都のビアガーデンに行っています。

中坊進二は京都のビアガーデンが大好きです。
ビアガーデンでの活気や熱気がお祭りのようで楽しく、
毎年頻繁にビアガーデンに通っています。
そして場所と夏という季節のお陰で、
気持ちが開放的になるそうです。
何よりも京都の夜の街並みを見ながら
ビールを飲むのが格別なんだそうです。
京都の街並みが綺麗で、それを上から見下ろすのが
贅沢な感じがして好きだそうです。
そのため、夏になると京都タワーの屋上ビアガーデンは
外せないとのことでした。
ほろ酔い加減で見下ろす京都の街並みは最高だそうです。

夏場は暑くて仕事も大変です。
ですが「ビアガーデンで飲む!」というのが
京都の中坊進二の仕事の原動力になっているようです。
毎年暑い夏も乗り越えられるのも、
ビアガーデンのお陰かもしれないと話していました。

もし夏に京都に訪れた際は、
ビアガーデンという楽しみ方もありかもしれません。
中坊進二のように京都の夜の街並みを見ながらの
ビールは格別に美味いと思います。
京都でのビアガーデン、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

京都で発令された食中毒注意報を警戒する中坊進二

9月10日は、茨城・栃木の方で大雨洪水警報が発令され、
避難勧告も出されました。
大雨が集中してしまい、鬼怒川が氾濫し、街が水浸しになりました。
1階部分すべてが水で沈むほどの大洪水だったそうです。
一方、京都では同日、変わった注意報が発令されていました。
府内全域に渡って、食中毒注意報が発令されました。
中坊進二はあまり詳しくありませんが、
食中毒を出した飲食店が続出したことから、
この発令が京都全域に渡って出されたそうです。

食中毒、もとい、食べるとお腹を壊す類の菌は、
熱を加えると簡単に壊れるものです。
また、風邪菌などは経口摂取で簡単に移りますので、
病院や施設などではきちんとした対策が必要とされています。
キノコの毒も大変危険です。
生魚の寄生虫も危険ですよね。

中坊進二の胃はあまり頑丈ではありませんので、
基本的に道で拾ったものは加熱して食べるようにしています。
秋田の山で拾ったブナの実はオーブントースターで焼くと、
バチバチ音がして楽しいです。
味は普通にアーモンドです。
冬眠に備えるクマさんが、
ブナの実をモグモグしたくなる気持ちも分かる美味しさです。
イチゴ狩りならぬ、ブナ狩りの際は、
オーブントースターで焼くのがいいですよ。
京都の山で拾ったシイの実(ドングリ)も似たような味ですが、
ちょっと硬いです。

中坊進二が生で食べられるものは、あまりないです。
入院した時も、冷たいサラダを
「温めてください」と無茶な注文をしたものです。
コールスローを温めても、普通に美味しかったです。
京都の回転寿司の炙りサーモンは中坊進二の大好物です。
火を通せば、大抵のモノは食べられると思っています。

中坊進二が好きなユニークな京都水族館

京都には歴史的な観光名所以外にも様々な名所があります。
その一つが中坊進二も好きな京都水族館です。
中坊進二が京都水族館が好きな理由は、
非常にユニークな水族館だからです。
展示されている生物の数が多いだけでなく、
様々なユニークな工夫が京都水族館には施されています。

京都水族館には様々なパネル展示もされています。
生物の写真や住んでいる地域などが載っているパネルもあります。
中坊進二のお気に入りの京都水族館のパネルは、
鱧・ウツボ・鰻のパネルです。
写真や生息地域、特長だけでなく
「料理にするとどうなるか?」の写真もパネルにあるのです。

しかも雑誌に載るようなしっかりとした食べ物の写真が載っているので、
京都の中坊進二は大層気に入っています。
「気合入りすぎ!」とはじめて見た時にツボに入ったようです
京都水族館には他にも、川の幸と銘打って鯉のあらいや
鮎の塩焼きなどの食品サンプルも展示しています。
しかもクオリティが高く妙な説得力があるので、
その展示も京都の中坊進二は感激していました。

中坊進二が京都水族館が好きなのは、
展示物が充実しているからだけではありません。
こういったユニークな一面も持ち合わせているからです。
しかもおざなりにせず、
気合を入れて作っちゃうあたりに気概を感じています。
魚の説明も食べ物になれば理解しやすいと
中坊進二は京都水族館の試みに感心しています。
京都水族館に行くとユニークな展示物に触発されて、
中坊進二は必ず帰りに海鮮のお店に行って
展示物にあった料理を堪能しています。

京都の湯立祭を見たかった中坊進二

京都の岩城神社で「湯立祭」が行われました。
神事の概要を簡単に紹介しますと、
塩の入ったお湯をササに浸して、
京都の氏子らに振り掛けるものです。
京都の「湯立祭」は1863年から始めた行事で、
悪疫の流行を防ぐため、毎年9月6日に行っています。
中坊進二はその日、忙しくて参加出来ませんでしたが、
伝統ある行事なので是非、見てみたかったところです。

「湯立祭」もしくは「湯立神楽」という神事は
京都に限らず全国各地にあります。
どこが発祥の起源か分かりませんが、
熱湯をかぶりイクサの必勝を祈願するのはどこにでもあったと思います。
水籠りの熱湯版みたいなものでしょうか。
ただし昔と違って、桶一杯分を丸々かぶるのではなく、
笹の歯に熱湯をつけて、それを氏子らに振り掛けるというものになります。
それと、気になる火傷の心配ですが、意外と大丈夫みたいです。
中坊進二は、焼肉プレートで水の跳ねるのがとても苦手なのですが、
この「湯立祭」のお湯なら大丈夫かもしれませんね。
言い伝えによれば、正しい者はただれないと言われています。

全国各地のお湯をかぶる神事は、日程にかなり差がありますので、
機会を見つけて中坊進二は全国各地の「湯立祭」を見に行きたいと考えています。
人にお湯をかける以外にも、
ご神木にかけるケースやお湯を飲む「湯立祭」もあるみたいです。
高知の四万温泉の「湯立祭」が1月20日(大寒の日)にありますので、
中坊進二は今から予定の調整をしておきます。

中坊進二が行ってみたかった京都のお寺で開催された脱出ゲーム

言葉にすると上手く説明できないものは多々あります。
例えば「迷路」。
誰かに「迷路の何が楽しいの?」と訊かれても、
中坊進二は上手く答える自信がありません。
数学の問題みたいに、ゴールが明確に分かれているから
明確な達成感が得やすい、と答えるべきでしょうか。
中坊進二はあまり心理学の分野に明るくありません。

今月、5日と6日に、京都のとあるお寺にて
「リアル脱出ゲーム」が開催されました。
中坊進二は参加しなかったので、具体的なことは何一つ分かりませんが、
どうやら謎や暗号を解きながら脱出する迷路のようなものみたいです。
ここでちょっと気になるのが参加料です。
1人1500円も掛かります。
なんだか非常に割高に感じられますが、逆に考えると、
1500円近いレクリエーションが用意されているとも考えられます。

プレイ時間に関しても、最長で3時間ほどですので、
一体どれだけの難関が待ち受けているのか分かりません。
まさか、アスレチックのようなものが用意されていたりするのでしょうか。
テーマが地獄なので、鬼が襲ってきそうな雰囲気があります。
また、3人1組で参加するのも気になる所です。
途中で誰か人質に取られ、それを救うシーンでもあるのかもしれませんね。

京都の寺と言えば、多くが景観を眺めるだけのものです。
こうしたテーマパークのような京都のお寺はある意味、
斬新だと中坊進二は思います。
仮に、外国人観光客の方がこのレクリエーションに飛び入り参加したら、
どう思ってくれるのでしょうか。
なんだか「京都の寺はエキサイティング!!」
誤解されそうな未来が思い浮かびます。

中坊進二も楽しむ京都の釣り

大人の趣味の一つとして挙げられるのが、魚釣りです。
釣りをされる方は大勢います。
中坊進二は子供の頃、父親に連れられて京都の釣堀によく行ってました。
ですがそこは遊びたい盛りの子供であった中坊進二、
京都の釣堀に行っても集中して釣りを行っていなかったようです。
釣り上げた時は楽しくても、
それ以外の待っている時間が耐えられなかったようです。
最初のうちは我慢を重ねていたものの、
次第に漫画などを持ち込んで時間を潰していたそうです。
さすがに父親も察したのか、
「お前も大人になったら釣りの楽しみ方がわかる」と言われ、
それ以来釣堀通いから違う場所に連れて行ってもらうようになりました。

それから月日が経ち、
大人になってから仕事の付き合いで中坊進二は京都で釣りをしました。
子供の頃の思い出から最初は乗り気ではなかったようです。
付き合いだから仕方ないと思って始めると、
案外楽しいことに気づいたそうです。
大人になると仕事が忙しく、ぼーっと考え事をする時間は減ります。
ですが釣りなら釣り上げるまでの時間はぼーっと考え事が出来ます。

子供の頃は嫌だった時間が、
むしろ考え事が出来る・釣り上げると楽しいと
一石二鳥だと京都の中坊進二は考えるようになりました。
それ以来、むしろ釣りを積極的にやるようになりました。
中坊進二は京都の釣堀に出かけて、
釣りをしながらぼーっと考え事をする時間を楽しんでいます。
今では釣堀だけでなく年に2回ほど海釣りなどを楽しむようになりました。

中坊進二はまさか自分がここまで釣りにはまるとは
思ってもいなかったようです。
彼の父親の言葉が見事にはまったようです。

京都の中坊進二もよく飲むほうじ茶

日本人にとってお茶は心のオアシスだといえます。
お茶を飲むとリラックス出来て、すごくほっとします。
ほっとするお茶は緑茶だけではありません。
ほうじ茶でも同じようにほっと出来ます。
京都の中坊進二はよくほうじ茶を飲んでいます。
食後にはほうじ茶を飲むことで非常にリラックスしています。
口当たりがさっぱりしていて、
香ばしい匂いがするほうじ茶を京都の中坊進二は気に入っています。

中坊進二がほうじ茶を好きになったきっかけは、
京都の一保堂茶舗のほうじ茶を貰ったからでした。
近所の知り合いの方におすそ分けをしてもらい、
せっかく貰ったんだから飲んでみようとほうじ茶を飲んだところ、
非常に美味しかったようです。
香ばしい匂いが好きになりました。
それから食後やリラックスしたい時には
必ずほうじ茶を飲むようにしています。
あっという間になくなったので、
お店に出向いて買うようになりました。
一保堂茶舗のほうじ茶はさっぱりしているので、
脂っこいものを食べた後にも最適だそうです。
京都の中坊進二は揚げ物や焼肉を食べた後に
ほうじ茶は欠かせないそうです。

中坊進二は京都の一保堂茶舗のほうじ茶を、
上司や年配の方に手土産としてよく持って行っています。
ほうじ茶は評判がよく、勧めた甲斐があったと話していました。

飲みやすく香ばしいほうじ茶は、
人を選ばず飲める美味しいお茶だと京都の中坊進二は考えています。
自分で飲むもよし、
人にあげてもよしな京都の土産として中坊進二は勧めています。