中坊進二が好きなインスタントラーメン

自宅で作る場合、中坊進二は生麺よりも乾麺の方が好きです。
特に、チキンラーメンは作るのが簡単で、味もお気に入りです。
卵を半熟以上にするのが難しいので、時々、卵を割って鍋の中に入れます。
でも、この作り方だと、お鍋の掃除がちょっと面倒になるんですよね。
チキンラーメン以外でしたら、さっぽろ一番が好きです。

一方で、カップ麺はあまり食べません。
食べるとしたら、日清食品のスープヌードルがちょうどいいです。
ちなみに、カップヌードルとスープヌードルの違いは、麺の量です。
スープヌードルの方が小ぶりで、スープ感覚で食べられます。
それ以外のカップ麺は、味がごちゃごちゃしているので、
中坊進二はちょっと苦手です。
カップ焼きそばでしたら、ペヤングか夜店の一平ちゃんです。

先日池袋にインスタントラーメン専門店が誕生しました。
日本全国の“旨い”インスタントラーメンが250種類以上並んでいます。
いくつものご当地インスタントラーメンがありますが、
1万を超えるインスタントラーメンを食べ尽くした店長が
“旨い”と思ったものしか売らないそうです。
「利尻昆布ラーメン塩」「マヨらーめん」
「北海道ラーメン毛がにみそ」など、いくつもの人気商品があります。

今回池袋に出来たのは2号店なので、
そのうち中坊進二が住んでいる地域にも進出しそうですね。
普段インスタントラーメンを食べない中坊進二ですが、
これらの人気商品についてはちょっと食べてみたいなと考えています。

京都のリッチなハンバーガーが食べたい中坊進二

中坊進二がよく利用するファーストフードは、
マクドナルドとモスバーガーとケンタッキーです。
先日、東寺駅(京都駅の隣)のモスバーガーでアボカドのやつを注文しましたが、
いつの間にかセットを含む平均が900円台になっていました。
昔に比べて、それぞれ少しずつ値上がっていますので、家計が少し苦しいです。
その分、美味しいので、いいのですが。

たまにですが、中坊進二はハワイアンのバーガーも利用しています。
(店舗名は忘れました)
そこのセットの平均は1,400円くらいなので、余程のご褒美じゃないと利用しません。
バーガー屋ですが、サンドウィッチが美味しいです。

今度、京都の映画館に原宿で有名なハンバーガーショップが開店するそうです。
リッチさを全面に押し出していて、単品価格の平均は1,500円といったところでしょうか。
ドリンクまで付けたら、2,000円に届きそうです。
京都の映画館のチケット代とどちらか高いか、分からなくなります。

原宿での一番人気はベーコンチーズバーガーですが、
京都限定として九条ねぎ賀茂なすモッツァレラバーガーを販売しています。
ねぎはともかく、なすはパテに合うのでしょうか。
一回くらいなら中坊進二も食べてみたいと思っているのですが、
やはり入館料は必須かもしれませんね。

中坊進二は小食なので、海外のハンバーガーは量的にちょっと苦しいです。
ハワイアンのバーガーのとこを利用する際も、お肉は4分の1にしてもらっています。
それでも、食い応えが十分にあって、なかなか食べきれません。
仮に、マクドナルドが商品の見本と同じレベルの肉の量にしたら、
確実に残す自信があります。

京都工学院高で始まった英語チャットについて考える中坊進二

2020年度からセンター試験が終わり、
より実践的な大学入学希望者学力評価テスト(仮称)が実施されます。
その中には、英会話の項目が追加されています。
センター試験ではリスニングがありましたが、
それは「聞く」だけなので、
次からは「話す」能力も見るということになります。

中坊進二は英会話が全然だめです。
高校時代はずっと書籍とにらめっこしていましたので、
英語を聞く授業すら受けていませんでした。
京都での大学時代においても、英論ばかり読んでいたので、
音声にて聞くことを全くと言っていいほどしていませんでした。
社会人になってからでも、英語でメールすることはあっても、
英語を話すことは皆無に近い状態です。

しかし、それではグローバルな人材を育てることはできません。
読めるだけでは、実際に外国に行っても通用しません。
ついでに言うと、京都には外国人旅行者が多いです。
中坊進二も京都の街を歩いていて、
外国人に話しかけられた回数は一度や二度では済みません。
だからこそ、新しいテストでは「話す」力、
つまりは、スピーキングテストを行うのです。

そのモデルケースとして京都工学院高では、
スカイプを使ってフィリピンの講師と英会話するテストを実施しています。
英会話系の塾でもこうした取り組みは行っていますが、
学校法人において行うのは初めてのことではないでしょうか。
少なくとも、中坊進二は聞いたことがありません。
テレビ電話のように話せるので、相手の表情や仕草も分かり、
より円滑なコミュニケーションを取ることができるのです。
やはり、会話は相手の目を見てしたいと、中坊進二は考えています。