アイスホテルに泊まりたい中坊進二

家というものは周囲にあるものを使って建てることが多いです。
日本は木材が豊富なので、樹で出来た家が多いと思います。
もちろん中坊進二の家も木造です。
西アジアでしたら、樹がほとんどなく、岩や砂ばかりなので、
岩や泥で家を作ることが多いと思います。
中坊進二はそうした素材で出来たカレー屋に行ったことがありますが、
たぶん湿度の高い日本には合わないと感じました。

そしてアラスカあたりは氷と雪しかありませんので、
雪を圧縮して固めたイグルーが主流になります。
雪と氷で囲まれていますが、イグルーの中は意外と暖かいみたいですよ。
かまくらと似たようなものになりますので、
その暖かさを経験したことのある方は、多いと思います。
中坊進二はそこまでの大きさのかまくらを作ったことがありませんので、
体験したことがありません。
なお、かまくらとの違いですが、
イグルーは内側に動物の皮のテントを貼り付けるそうです。

中坊進二が最近注目しているのがアイスホテル(氷のホテル)です。
その名の通り、雪と氷だけで外壁と床が構築されており、
かまくらやイグルーのような雰囲気を味わえます。
2つとの違いですが、まず、部屋がすごく広いです。
かまくらは子供2人で満室になるかもしれませんが、
アイスホテルはバスケゴールを置けるくらい、高くて広いです。
普通のホテル並の広さになります。
そして鎌倉と違って、かなり寒いです。
わざとそうしているだけですが、かなりの寒さを体感できます。

少なくとも、部屋の中で普通に過ごしていたら
中坊進二はカチカチになりますので、
部屋の中でも寒冷地使用の装備は必須になります。
ベッドなんてシャレたものはなく、寝袋です。
もちろん、寒冷地用の寝袋なので、マイナス15度でもへっちゃらです。
氷の上に直接寝袋を置くと冷え冷えになりますので、
トナカイの毛皮を下に敷くのが良いみたいですよ。

日本にもこうしたアイスホテルがあり、
サービスの良い事に氷の露天風呂があります。
さすがに浴槽は普通の素材ですが、それ以外は全部雪と氷になります。
お湯の温度は42度ですが、かなり寒いかもしれませんね。
今年はもう予約が満杯なので、
中坊進二は来年に向けて早めに予約を取ろうと思います。

中坊進二は納豆が苦手

納豆さえ食べれば、人間は健康に生きられると言われています。
完全食品とまでは言えませんが、
納豆には人間が生きるための栄養がほぼ全て詰まっており、
ごはん、納豆、味噌汁だけでかなり長生きできると評判になっています。
実際には、卵や漬物、お魚なども摂取した方が良いですよ。

インフルエンザや花粉症に悩まされている人はかなり居ると思います。
中坊進二はこの2つは大丈夫ですが、いつ掛かるか分かりませんので、
予防や対策をしっかりと取っています。
そしてこうした症状を緩和する納豆菌というものがあるそうです。
通常の納豆菌よりも免疫機能が50%増しになっており、
インフルエンザや花粉症に対し、高い効果をあげられます。

ただし、1.5倍になったからとはいえ、油断は大敵です。
確かに納豆さえ食べていれば健康で居られますが、
そこまで万能薬ではありません。
インフルエンザワクチンのように高い効果はなく、
抵抗力をちょっと高めるだけになります。
しかし塵も積もれば山となるように、
こうした免疫力に特化した納豆菌を摂取し続けることで、
いつもより健康でいられるようになるのは確実だと言えそうです。
あと、添付のタレにも免疫機能を高める効果があるみたいです。

中坊進二にとって嬉しい特徴として、この納豆は臭いが控えめです。
中坊進二は納豆の臭いが苦手で、あまり好き好んで食べません。
あと、ネバネバするのも苦手です。
学校の給食で一度だけ出ましたが、
その時はご飯に掛けるようなことはせず、
大豆の煮物を食べる感覚で、一粒ずつポリポリ食べました。
大半の人が残していましたので、
それ以来給食で納豆を見かけることはありませんでした。
納豆は臭いがかなりので、
食べる人をかなり選ぶと中坊進二は思います。

免疫力アップの納豆になりますので、値段はかなり高いです。
3パック入りで213円で販売するそうですが、
普段納豆を買わない中坊進二でも、コレはかなり高いと感じます。
中坊進二の兄は納豆しか食べないくらいの偏食家ですが、
その納豆のお値段は3パックで68円くらいです。
良いものはやはり、値段の方もかなり高級になりますね。

最近注目されているフリークライミングに興味を持つ中坊進二

フリークライミングが近年、注目を集めています。
中坊進二はやったことがありませんが、
オリンピックの正式追加種目に選ばれており、
どんな競技か調べてみる人は急増していると中坊進二は思っています。

昔からロッククライミングは一部の方に人気です。
全国に50万人ほどいると言われています。
特に、諸外国にはK2をはじめとする絶壁がいくつもあり、
スポーツとして高い人気を誇っています。
ロッククライミングは通常、
ロープや杭などを使って登山する場合が多いですが、
フリークライミングは「フリー」の通り、
道具を使わずに絶壁を登る競技です。
もちろん、安全重視のスポーツなので、命綱は使用しますが、
それ以外の道具は一切使わずに己の肉体のみで壁を登る競技になります。

オリンピックでは、リードボルダリング
スピードの3つの競技で得点を競うそうです。
どれも基本的に壁の突起物を掴んで登る競技で、
かなりのテクニックが必要になります。
特に指の力が必要なので、中坊進二には無理かもしれませんね。
指だけでなく色々な箇所の筋肉、骨、関節も鍛える必要がありますが、
慣れていない方だと、指を骨折・脱臼してしまうかもしれません。
指一本で全身の体重を支えることもありますので、
その負荷は生半可なものではありません。
競技者も指の疲労骨折が多いと中坊進二は思っています。

リードは12mの高さが必要なので、なかなかやる場所がありませんが、
ボルダリングは5mもあれば競技場所を設置することが可能です。
スポーツクラブでも見かける機会はあると思います。
外壁全部を使って、
10mオーバーのボルダリングを設置しているところもあると思います。
中坊進二は見たことはありませんが、
探せばそうしたところもきっとあるのではないでしょうか。

ボルダリングは気軽に始められる競技です。
中坊進二でも出来そうです。
高さもそんなにありませんし、緩衝材もしっかりありますので、
よほど変な落ち方さえしなければ大丈夫です。
気になる方は是非、挑戦してみてください。

からあげ専門店の唐揚げが気になる中坊進二

最近見かけるようになったのが、からあげ専門店です。
鳥の唐揚げだけを売るお店で、それ以外のものは一切揚げていません。
基本的にはモモの部分ですが、
他の部位の唐揚げも注文次第で請け負っている模様です。

中坊進二はこうしたお店を利用したことがありません。
高いのもそうですが、
唐揚げはいつも利用しているスーパーで買っているからです。
倍ほども値段に差がありますので、
からあげ専門店を利用する機会はなかなか訪れません。
しかし、こうしたお店で食べるからあげはやはり違うのかもしれません。
かつて大学時代に、親友に付き添ってからあげ店に行ったことがあります。
匂いに関しては揚げたてという感想以外は思い付かなかったので、
やはり食べてみない限りは、その違いに気付けないのかもしれません。
ちなみにそろそろ10年以上経ちますが、そのからあげ店はまだ営業しています。
他に客を見かけたことはないのですが、
中坊進二が見ていない時に客が殺到しているのかもしれませんね。

他に外で食べる唐揚げとして、お弁当屋のものがあります。
海苔弁当についてくるオマケなので一個しかありませんが、かなりジューシーです。
スーパーで買う唐揚げよりもかなりボリュームがあり、なかなか食べ応えがあります。
この弁当屋も20年以上営業しており、地元にとって欠かせないものとなっています。
このあたりは結構、店舗の入れ替えが激しいのですが、
このお弁当は昔からずっと変わらずに営業しています。
中坊進二はそんなにお弁当のお世話になりませんが、
数年に1回はここでお弁当を買って食べていますよ。
メニューも中坊進二が子供の時に覚えたものがそのまま残っています。

そういえば、数年前からコンビニの持ち帰りフードに
「からあげ」が追加されていましたね。
中坊進二はあまり食べませんが、この唐揚げもまた人気のようです。
マックのナゲットみたいなのもありますが、
何かしらの肉(たぶん鳥だと思う)を使った料理は多くの方の心をつかんだ模様です。
中坊進二は肉まん派ですが、たまには唐揚げも食べてみたいと思います。