モリンガについて調べる中坊進二

ブラジルのアマゾンには、
未知の素材が山のように隠れていると中坊進二は聞いたことがあります。
まだ見ぬ特効薬となり得る素材も、
アマゾンには無数にあると聞いたことがあります。
それゆえ、医療機関を騒がす新素材の報告も毎年のようにあります。
そして今は「モリンガ」が熱いそうです。

モリンガは南アフリカ産ではなく、アフリカや東南アジア、インドの熱帯植物です。
肥満と育毛に効果があると中坊進二は知りました。
葉っぱにはカボチャの11倍のビタミンが、
緑茶の9倍のポリフェノールが含まれていると言われています。
ちなみに、緑茶は100mmあたり115mgのポリフェノールが含まれています。
参考までにコーヒーは200mg、紅茶は102mg、
赤ワインは101mg、リンゴジュースは68mgです。
カボチャも100g中、ビタミンC(43ng)やビタミンE(6.3mg)、
ビタミンA(0.39mg)が豊富に含まれていますよね。

まだ研究段階なので、
モリンガがどのように肥満や育毛に対して効果をあげるかはよく分かっていません。
ただし、マウス実験で一定の効果が見られたとその学会で発表されたそうです。
今後、モリンガの成分入りの健康食品が登場するようになるかもしれませんね。
中坊進二もちょっと期待しています。

こうした研究は日進月歩です。
お茶が肥満に良いという話は有名ではないでしょうか。
「糖の吸収を抑える」はCMで有名になったかと思います。
育毛に良い素材でしたら、ノコギリヤシが一番有名ではないでしょうか。
男性ホルモンを抑える役割があるそうです。
髪で悩んでいる方は、亜鉛サプリメントがオススメですよ。

こうした新素材が果たす役割は、大別すれば僅かひとつのことに集約されます。
それは「新陳代謝の促進(正常化)」です。
正常な新陳代謝でしたら、肥満にも育毛にもならないという考えになります。
ミュータントみたいに細胞が変身するのもではありませんので、かなり安全ですよ。
ドラッグストアやスーパーで、モリンガ入りの機能性食品を見かけたら、
手に取ってみてはいかがでしょうか。
中坊進二はまだ大丈夫ですが、油断せずに対策したいと考えています。

ごみ出し支援について考える中坊進二

中坊進二が調べたところ、基本的に家庭ゴミを捨てるのは無料です。
ゴミ回収業者が働くための賃金は、税金で賄われています。
なので、家庭ゴミを捨てるための費用は、
住民税とかで支払っていることになります。
ちなみに町内会がよく集金に来ますが、
アレにゴミ回収代は含まれていません。
大体、地域の祭り(もしくは子供会)に使われています。

ただし、有料で捨てるゴミもいくつかあります。
冷蔵庫とかテレビとか、パソコンとかは、
捨てるのに一定のお金が必要です。
中坊進二も大学時代、部室のテレビを捨てるのに、
そうした細かい手続きをしました。
もちろん、捨てる費用は部費です。
また粗大ごみも捨てるのに別途お金が掛かります。
それを支払うのが嫌で、不法投棄する方も居ます。
中には、粗大ごみを回収した業者が山に不法投棄する例もあるそうです。

そうしたゴミが家の中で溜まって行くと、家がゴミ屋敷になります。
そのゴミが清潔なら問題ありませんが、
衛生管理が劣悪だと、色々な不都合が発生します。
悪臭を放つようになりますし、
火事が起きたら火種にもなって消火活動の妨げになります。
崩落して中で閉じ込められてしまうケースも考えられます。
中坊進二の本棚はかなり本で溢れていますが
(縦に積みあがっている時点で、お察しください)、
一応避難できるルートは確保しています。

そうしたゴミ屋敷を解決しようと、
自治体は「ごみ出し支援」を行っています。
高齢者を対象としたサービスで、
主に認知症を患って捨てられない世帯のゴミを回収します。
そうした方々はゴミを
「まだ使う」と言って自ら捨ててくれないものです。
子供が頑張って捨てているところが多いですが、
あまりにも量が多いとそれも大変です。
そうした方々を支援するために
自治体は「ごみ出し支援」を行っているのです。

このサービスを始めた頃は173世帯でしたが、
今では約3倍まで利用者が増えたとのこと。
利用には、要支援2以上の認定が必要ですが、
この利用者はどんどん増えていくと中坊進二は考えます。

汗をかいたら熱中対策水を飲む中坊進二

最近、中坊進二がスーパーで目にするようなった商品が、
熱中対策水です。
普通のミネラルウォーターと何が違うのかと少し悩みましたが、
恐らくたくさん汗をかいて、
失われたミネラルを補給するための水だと思っています。
ところでこうした商品って、吸収力も違うのでしょうか。
こうした水は、熱中症になりかけの時に飲みそうなものなので、
ある程度の即効性が求められると中坊進二は考えています。
水やミネラルに吸収力があるかどうかは分かりませんが、
仮にあったらいいなと思っています。

熱中対策水の利点はいくつかありますが、
中坊進二はノンカロリーなところだと思います。
特に、今や社会問題にまで発展しているのが、
ペットボトル症候群です。
別に容器に罪はありませんが、
糖分が豊富に含まれているジュースを飲むことで、
糖尿病へと発展する恐れがあると言われています。
チョコやケーキなどのお菓子を節制しても、
ジュースで糖分を摂取しては何の意味もありません。

ダイエットをしている方も、
飲み物に関してはスルーしているのではないでしょうか。
アクエリアスやポカリスエットなどの人気商品がありますが、
あれらには非常に多くの糖分が含まれています。
だからこそノンカロリーな熱中対策水が好まれているのです。

そして、最近の熱中対策水は味付きです。
昔は水の味(もしくは海水の味)しかしませんでしたが、
最近の熱中対策水はかなり美味しいです。
これなら中坊進二もゴクゴク飲めます。
また、凍らせることが出来るタイプも販売されています。
結構、飲みやすいように研究・開発されているみたいです。