授業のタイムテーブルについて語る中坊進二

つい十数年前までは「ゆとりを持った教育を」
という言葉が至る所で聞けましたが、
世界の国々と学力の差が開いたことで、
今では「ゆとり教育」という言葉は
ほぼ死語に近くなったと中坊進二は言っています。
“脱ゆとり”を掲げて都道府県や区市町村の教育委員会の他に、
各学校においても“脱ゆとり”の取り組みを行っています。

その一つが隔週土曜授業の復活です。
中坊進二の小学生時代は奇数週の土曜日は普通に授業がありました。
中坊進二の父親は会社が休みで朝から寝ていて
何度も「ずるいな」と思ったとのこと。
ただ、この隔週土曜授業は全ての公立学校で行っているというわけでなく、
まだまだ一部の学校でのみ行われているようです。
この土曜隔週授業以外にも
“脱ゆとり”のための対策を行っているところはたくさんあります。

午前5時限の小学校が福岡で増えているそうです。
中坊進二はその記事を見て「早朝5時から授業があるのか」と思いましたが、
どうやら午前に5コマの授業を行うだけのようでした。

具体的には、8時30分に1限を開始。
9時15分に1限が終わりますが、ノンストップで2限がスタート。
そして10時00分に2限が終わり、5分休憩して、10時05分に3限スタート。
10時50分に3限が終わり、中休みが15分。
11時05分に4限が始まり、
11時50分に終わるも再びノンストップで5限がスタートし、
午前の授業がすべて終わって給食になるのが12時35分のことです。
今までは12時15分が給食の開始時刻でしたが、20分遅らせる形になりますね。

なお、実際は1限と2限の間に0~5分程度のトイレ休憩があるとのこと。
このタイムテーブルになれば、下校時刻を25分早めることが可能で、
教師の勤務時間を減らせる狙いがあるそうです。
また、午前だけで授業が終わる日もあります。
そうした場合でも、5コマ分の授業を行うことが出来れば、
授業日数を効率的に消化させることが可能だと言えます。

中坊進二の小学生時代は、普通に4限授業でした。
給食の時間は覚えていませんが、
12時をちょっと過ぎた頃には食べられたと思っています。
あと、中学生時代は、
小学校よりちょっと遅い時間だったことを覚えています。
高校に関しては忘れましたが、中坊進二が通っていた高校は
「午前3コマ、午後2コマ」という超変則タイプです。
1限が65分というのも特徴と言えます。
このタイムテーブルにすると、
週に3時間分の授業が確保できるとのこと。
増えた分は、英語、数学(文系なら国語)、
選択授業に充てられました。
ちなみに中坊進二は選択授業でも英語を取りました。

中坊進二のゲームセンターの想い出

中坊進二は小学生時代の時、
よくゲームセンターに通っていました。
兄に連れられて、よく通いました。
しかし通うだけでコインを投入することは無かったです。
基本的に見てるだけでした。
小学生は基本的にお金を持ちませんので。

一人もしくは同級生でゲームセンターに通うことは
殆ど無かったと中坊進二は回想しています。
なぜなら、中坊進二の学年は「ゲームセンター、
盛り場などには極力行かない」
というお達しがあり、
それをしっかりと守っていたとのこと。
その当時、“盛り場”という意味が中坊進二は分からなかったのですが、
繁華街であることが中学生になって分かりました。
それを知って、「ゲームセンターはまだしも、
繁華街に同級生同士で行く小学生なんているのかな?」

中坊進二は思ったようです。

中坊進二の兄はそうしたゲームセンターによく通っていました。
家にはスーパーファミコンがありましたが、
そういうのよりも、こうした筐体の方が好きだった模様です。
そしてこうした筐体は何もゲームセンターだけのものではありません。
昔はスーパーマーケットの脇にも置かれていたのです。
今もスーパーの中に、子供用のゲームコーナーがありますが、
そういうのではありません。
まるで、ガチャポンのように、
スーパーの入口脇に筐体が置かれているのです。

話を聞いただけなので詳細は全く知りませんが、
その筐体のゲームの中には、RPGもあるとのこと。
普通にレベルを上げてクリアする代物になります。
大体2時間掛けてクリアしたと、兄は言っていました。
ゲームセンターならまだしも、
スーパーの脇に置くものではないと、今でも中坊進二は思っています。
一緒に買い物をしている母は、それを待ったのでしょうか?
家から近いので、普通に置いて行ってそうな気がします。

プレイ回数は少ないですが、中坊進二がやったゲームに、
ワルキューレの伝説があります。
今でいうレトロちっくなゲームで、
画面の中を縦横に移動して戦うアクションゲームになります。
ただし、幼い中坊進二には操作が難しく、
20分以上進めた記憶がありません。
小学校低学年には難しいと言えます。

現代のゲームセンターがどうなっているか、
中坊進二はほとんど知りません。
太鼓の達人がゲームセンターに登場した頃から、
めっきり通わなくなりました。
今ではどんなゲームがあるのでしょうか?
そもそも、ゲームセンターの数自体も少なくなっています。
ぷよぷよはまだあるのでしょうか?

宇治市のPR動画がスゴイと感心する中坊進二

宇治市のPR動画が30万回を超えました。
アフィリエイトは1再生で0.1円貰えますので、
これで3万円の収益ですね。
でも、公式サイトの動画なので多分、
アフィリエイトはやっていないと思います。

中坊進二は最初、
何を考えてこんな企画にGOサインを出したのかと思いましたが、
結果としては上々だと思っています。
「宇治の良いところが何も分からない」という声が多いですが、
広告という意味においては抜群です。
こうした広報ですが、
まずは「知ってもらう」ことが何よりも大事です。

どんなに良い観光ブックやCMを作っても、
誰の記憶に残らなかったら全く意味がありません。
そういう意味では、このPR動画は大成功と言えます。
とりあえず、一度見たら確実に記憶に残ります。
マッチョな平安貴族が敵をバッサバッサ倒していく姿はまるで、
ファイナルファイトの市長のようです。
小学校の時、中坊進二はそのゲームにはまりました。

一応、勉強にもなります。
適宜、宇治市の歴史や魅力がツラツラと流れますので、
それを見れば宇治市のアレコレが分かると思いますよ。
とりあえず、このPR動画のオチはスゴイです。
中坊進二は実際に見てみましたが、王道というか邪道というか、
とりあえずネタという意味では見る価値があります。
爆笑ものなので、業務中に見るのは厳禁ですよ。
中坊進二も声に出して笑いました。

公的な機関が出すPR動画は、とても真面目でつまらないものです。
まるで法律書を読むような感覚かもしれません。
この宇治市のPR動画はそれに真っ向から対抗したものとなります。
宇治市の魅力は別のサイトページで箇条書きにすれば良いので、
まずは話題作りとして「宇治市に興味を持ってもらう」ということなら、
このPR動画は大成功だと中坊進二は思っています。
ユーチューブで「宇治市」で検索すれば普通に出てきますので是非、
見てみてください。