電子スタンプカードの無線の距離について考える中坊進二

便利を追求していくと、
どうしても不具合が発生してしまうことがあります。
例えば、スタンプカード
従来は紙のカードに印鑑をペタリとしますが、
これをスマホ対応の電波受信式にすると、
謎の不具合を発生させることもあります。
中坊進二が最近体験したこととして、
とある店舗の前を通過した時のことです。
というか、100m以上離れていたので、あまり前とは言いません。
そのお店では、
店の中に一定時間いるとスタンプが自動で押される仕組みになります。
明確な時間は中坊進二は測ったことがないので知りませんが、
大体5分くらいでしょうか。

そしてその電波は店の中でしか飛んでいないと思ったのですが、
何故か外を歩いていただけの中坊進二のスマホで「ピロリン」と反応して、
スタンプを獲得してしまいました。
明らかに不具合ですが、これってどこに申請すればいいのでしょうか?
クレームじゃないですが、あんまりこういうのが頻発すると、
お店が不利益を被ります。
なお、毎回発生する訳ではなく、確率も低いもので、
ここ数年でまだ先日の1回しか起きていません。

要は電波の距離が重要だと中坊進二は考えています。
そのお店では、スマホをわざわざ取り出さなくても良いという
メリットがありますが、先日の中坊進二のように、
電波が店の外に漏れて(?)、
勝手にスタンプを獲得してしまうケースがあります。
その対策として、電波を極端に弱くさせるというものがあります。
別の種類の店舗の話ですが、
そこではレジのところに置いてあるセンサーにスマホを近づけることで、
スタンプを獲得します。
一々、スマホを取り出す不便さはありますが、
これなら電波が外に漏れる心配はありません。
ほかにも、電子印鑑をレジに用意しているお店もありましたよ。

こうした無線は非常に便利ですが、
全てのスマホに対応している訳ではありません。
古いのは対応していないと思いますが、
2016年6月に買った中坊進二のスマホが非対応ないのは、
ちょっと不公平です。
仕方ないので、中坊進二はそのお店では
従来通りに紙のスタンプカードを使い続けています。
なんで機種によって対応できないアプリがあるのか、不思議ですね?
インストール自体は出来ますが、何故か正確に動作しないのです。

電子機器は不具合を引き起こす可能性があります。
いきなりクレジットカードが使えなくなることもありますので、
ある程度の現金は持ち歩いた方が良いですよ。
自身のカードが無事でも、お店側の読み取り機が壊れていたら、
カードでお会計が出来なくなります。
無銭飲食をしないように、
支払い方法は複数用意すべきだと中坊進二は考えます。

快眠ホテルに泊まりたい中坊進二

出張や旅行でホテルを選ぶ際、求めるものは人それぞれです。
「出来たばかりのところに泊まりたい」
「熟睡できる寝具が揃っているところが良い」
「朝食が充実しているところが良い」などまさに千差万別です。
旅行好きな中坊進二の場合、
ホテルは寝るところという考えなので上記の中では
「熟睡できる寝具が揃っているところが良い」という要望に近いとのこと。

そんな最中、快眠をコンセプトにした宿泊ホテルが六本木に登場しました。
ただ夜間を過ごすための場所ではなく、
心地良い眠りを提供することに力を入れたホテルになります。
今回中坊進二は、巷で評判となっている快眠ホテルについて紹介します。

まず、良質な睡眠において最も重要なのはベッドです。
中坊進二はステンレスタイプの椅子を4つ並べて、
カピバラさん(枕として使用)があればグッスリ眠れますが、
筋肉を休ませるなら、ふかふかのベッドは必須です。
このホテルでは特注のベッドが配置され、
さらにはマッサージチェアに、スペシャルなシャワーなど、
様々な設備が導入されています。

さらに、朝食もスペシャルなものを用意し、
60種類のビュッフェにて脳をシャキっとさせます。
その分、お値段の方はかなり張り、
シングルルームだけでも2万3,600円もします。
ビジネスホテルが5000円台と考えると、
この快眠ホテルはかなりのブルジョアですね。
中坊進二のようなプロレタリアートには中々厳しいと言えます。
今はオープン記念ということもあり、
1日30部屋限定で1万円で提供しています。
より良い快眠が欲しい方は、このホテルを予約しませんか?

ところで皆さんは快眠について、どこまでのことを実践していますか?
中には何も考えていない方もいるかもしれません。
しかし、快眠をしっかりと行うことで、疲労はもちろん、
精神においてもリラックスすることが出来ると言われています。
中坊進二曰く、現代はストレス社会になりますので、
しっかりと対策しないといけません。
それを睡眠でケアできるのでしたら、
率先してやるべきだと中坊進二は思っています。

中坊進二が言うには、快眠のコツは色々あります。
食事に関しても「就寝の2~3時間前まで」
「カフェインやアルコールは控える」といったことが言われています。
また、人間の睡眠は90分間隔で
「レム睡眠」「ノンレム睡眠」の周期になっていることから、
起きる時間を逆算して睡眠時間の計算をすることも重要だと
中坊進二は言っています。
運動やパソコンの光など、色々な要因によって、
良い睡眠、悪い睡眠が決まりますので、
きちんと調べて実践するようにしましょう。