4回目のプレミアムフライデーが終わって中坊進二が考えること

中坊進二の結論を最初に述べますが、
プレミアムフライデーは貴族様のための制度だと思っています。
とりあえず、日本国民の85%(この数値は適当)は、
全く関係ない行事だと中坊進二は思っています。

もう何回もこの中坊進二のブログにて紹介しているかもしれませんが、
プレミアムフライデーの目的は「消費の拡大」です。
給料日後の月末金曜にお金を使ってもらう狙いがあります。
ただし、給料日後だからといって現金を持ち歩くとは限りません。
昔のように給料を手渡しするのでしたら現金を持ち歩きますが、
今やどこも銀行振り込みです。
クレジットカードの引き落としもありますので、
月末だからってお金を持つとは限りません。
そもそも月末に給料が支払われるとは限りません。
10日や20日が給料日の方も居ると中坊進二は考えます。
それどころか、2ヶ月経っても給料を貰えない会社もあるかもしれません。

それゆえ、中坊進二はプレミアムフライデーを
お金持ちのための行事だと思うようにしています。
少なくとも年収700万円以下の世帯には関係のない行事でしょう。
月末だからって、土日を利用した旅行を出来る訳ではないのです。
月の小遣い3000円で頑張っているサラリーマンが大部分を占めていますので、
こうした小市民にとってプレミアムフライデーは
全然関係ないと言えるのではないでしょうか。

逆に言えば、貴族様にとってはプレミアムフライデーは成功していそうです。
プレ金格差が進行していると問題になっていますが、
初めから貴族様を対象とした行事なので、
格差は進行すべきと中坊進二は考えます。
そもそも一般企業が実施するのが間違えと言えます。
たとえ一般企業の社員が15時に帰宅できるようになっても、
真っ直ぐ家族が待つマイホームに帰るだけですよ。
寄り道なんてほとんどしません。

プレミアムフライデーが税金の無駄使いと言われていますが、
中坊進二は普通に首をかしげます。
一体どこに国民の税金を使ったのでしょうか?
もしかして、プレミアムフライデー推進協議会って、
税金で運営されているのでしょうか?
調べたところ、一応、経済産業省の委託事業みたいです。
テレビCMを流していますが、一般人に宣伝しても効果は薄いかもしれません。
貴族専用チャンネルで宣伝しないと、明確な集客には繋がらないでしょう。

何度でも言いますが、中坊進二の会社にプレミアムフライデーはありません。
ついでに言うと、飲み会は第二金曜あたりが多いです。
わざわざ混雑する月末に利用する道理はないのです。

ポテチショックを心配する中坊進二

ジャガイモ飢饉は深刻です。
中坊進二が最近見たニュースにて
「ポテチショック」という用語が付きました。
ジャガイモ不足によるピザポテト生産休止は、
多くの方をショックに落とし込んだことでしょう。
ちなみに中坊進二はじゃがりこ派なので、あまり関係ありません。
(でも販売元は同じカルビーです)

ポテチショックの影響により、
ジャガイモを原材料とする各メーカーは
北海道以外の生産地を求めるようになりました。
具体的には九州・東北にて増産させる計画が浮上しています。
九州にしたのは台風のリスク分散が目的ですが、
九州はジャガイモの生産に適した土地で、
コメの裏作としてよくジャガイモを栽培しているそうです。
そもそもジャガイモ(特に加工用)は、
国内の農産物の中で需要が増えている作物です。
それだけ、ポテトチップスを食べる方が多いことを意味します。
そもそもポテチの種類も豊富です。
広義的には、中坊進二が良く食べているじゃがりこも
ポテトチップスでしょう。
こうしたフライ系の食べ物の需要はかなり高いのです。

ポテチショックが起きても、
安易に外国産のジャガイモを使用するメーカーは現れませんでした。
少なくとも中坊進二の耳には入りませんでした。
それはやはり、国産のジャガイモの質が良いことの
裏付けとも言われています。
安い外国のジャガイモを使うぐらいなら、
いっそのこと販売休止にしようと、多くのメーカーが決断。
中国やインド、ロシアで、世界のジャガイモ生産の45%を占めていますが、
それらの国から輸入することはありませんでした。
なお、日本の生産量は全体の0.6%ほどですが、
それでもジャガイモは国内で最も多い野菜として知られています。

ただし全てのメーカーが国産にしている訳ではありません。
中坊進二は最近食べていませんが、マクドナルドのポテトはアメリカです。
ワシントン州とオレゴン州で作られているとのこと。
中坊進二の大学時代の後輩はマックでアルバイトをしていて、
「ポテトLの原価は10円」という話を聞いたことがあります。
(今は20円かも)
アメリカのジャガイモはかなり安いですね。

ジャガイモは炭水化物(でんぷん)が豊富です。
小麦、米、トウモロコシに続く第四の主食として人気を集めています。
中国ではジャガイモを主食にしようという計画もあるそうです。
中坊進二は普通にジャガイモが好きなので、
中国でも難なく生きられそうです。
土豆絲(トゥドゥスー)、中坊進二よく食べます。

桜石について調べる中坊進二

何を持って「美」と感じるかは人それぞれだと思います。
ただし、幾何学的な模様に
「美」を感じる方は多いのではないでしょうか?
例えば、ダイヤモンド。
色もそうですが、ダイヤモンドカットされた宝石は、
誰が見ても美しいと感じるでしょう。
規則正しい模様というものは、
あらゆる人々を魅了する魔力を有しているのです。

桜石をご存知でしょうか?
サクラダイトではありませんよ。
中坊進二もつい最近知った鉱石ですが、
断面が桜の花びらをしています。
その部分だけ切り取ったら、
警察官が付けているバッチにも見えそうですよね。
と思っていましたが、
警察官はそんなバッチを付けませんし(付けるのは階級章やエンブレム)、
他の士業の方々も桜の花びらをモチーフにしたものではありませんでした。
「桜の代紋」は、中坊進二の目にはあまりサクラに見えません・・・・。

「桜の代紋」は五角形です。
それに対し、桜石は六角形になります。
六角柱の結晶が分解され、このような形になるそうです。
でも中坊進二の目には、こっちの方がよっぽど桜に見えます。
ただし、中坊進二はその断面図を見て、あまり美しいと感じませんでした。
むしろ、細巻きの断面図を見ているような感覚に陥っています。
もしくは金太郎あめでしょうか?
幾何学が不揃いというのもありますが、やはり模様がまばらなのが、
不恰好さを助長させているのだと中坊進二は思っています。

やはり宝石は4Cのように、カラット(サイズ)、カラー、
クラリティ(透明度)、カット方法が重要だと中坊進二は感じています。
桜石は宝石ではなく、ただの鉱石なため、比べるのもどうかと思いますが、
宝石のような美しさをコレに求めるのは酷なのかもしれません。
とりあえず、原石的な価値としてこの石を見るべきかもしれませんね。
京都府亀岡市が桜石の産地になりますので、
この石を見たい方は、亀岡市役所に行きましょう。
かなり綺麗な桜石が展示されているみたいなので、
中坊進二もちょっと興味が湧いています。
6月3日からは、古世町の市文化資料館で桜石の展示を増やすそうなので、
併せてそちらの方も見学して行ってください。

この桜石ですが、買うことが出来ます。
ひえ田野町の桜天満宮から採掘されたものは、
国の天然記念物に指定されているためダメですが、
それ以外の場所の桜石でしたら普通に売られています。
数は少ないですが、通販で買うのが良いかもしれませんね。
中坊進二も色々と調べてみたいと思います。

母の日にカーネーションを贈る中坊進二

2017年5月14日は母の日です。
中坊進二もこの日は、母にカーネーションを贈りました。
300円(税込)で安かったです。
ところで何故、母の日にカーネーションなのでしょうか?
気になるので中坊進二、調べてみることにしました。

母の日の起源は、たった一人の葬儀から始まったと言われています。
大統領とか貴族とかではなく、ただの民間人になります。
その葬儀で、娘が亡くなった母へと白いカーネーションを贈りました。
そして何故か(本当に何故か)人々がそれに強い感銘を受けて、
2年後に州の母の日に認定。
6年後に国の母の日に認定されました。
正直なところ中坊進二、その人物の来歴がかなり気になります。
一体何をどうすれば、民間人がここまでの影響力を与えるのでしょうか?
一応、ナイチンゲールのような負傷兵を治療する方でしたが、
それでここまでの影響力を与えるのか、かなり不思議に感じています。

なお、赤いカーネーションになった理由ですが、
花言葉によると、白いカーネーションは「純粋な愛」「尊敬」、
赤いカーネーションは「母への愛」と言われています。
ちなみにピンクは「熱愛」「感謝」、
黄色は「軽蔑」「嫉妬」なのでお間違いの無きように。
でも中坊進二、特に何も考えずに赤とピンクのカーネーションを買いました。
母も花言葉は知らないと思います。
むしろその色のパターンしか売っていませんでしたよ。
紫は「誇り」「気品」で、青は「永遠の幸福」ですが、
この色って売っているのでしょうか?
多分、着色ですね。
紫のバラのように、人工的に作った色と中坊進二は考えます。

日本で母の日がやってきたのは1913年ごろで、
全国的に浸透しはじめたのは1931年ですが、
この時は皇后様の誕生日となる3月6日が母の日になりました。
そして1947年にアメリカに合わせて、
5月の第二日曜日が母の日になり、今に至ります。
あと、菓子メーカーも母の日のPR活動をしていたみたいですよ。
昔は、母の日にお菓子を配る習慣があったかもしれませんね。
今でも洋菓子店にて、
母の日限定のスイーツを販売していると中坊進二は思います。
と言うか駅前で、
土日限定でワッフルを売っているのを中坊進二は見かけました。
イオンのテナントにある高級お菓子店でも、
いくつかの母の日フェアをやっていましたよ。

ところで買ったカーネーションはどうすれば良いのでしょうか?
花壇に植えたりした方が良いのでしょうか?
中坊進二がプレゼントしたカーネーションは、
普通に水の入った花瓶に収まっています。
地植えしない場合のカーネーションは、
どのようにするのが正解なんでしょうか。