線香の香りに誘われて、中坊進二は京都の喫茶店に訪れます


線香の香りが好きです。
情緒なく言っていいのでしたら、
中坊進二はスギの葉っぱを燃やした匂いが好きです。

最近、様々な種類の喫茶店があります。
大正カフェに、メイド喫茶に、猫カフェに、
ドラクエ喫茶(※正式名称は忘れました)などなど。
様々なエンターテイメントに溢れた喫茶店が京都中に溢れています。
最早、喫茶店というものはコーヒーを愉しむだけの施設ではないのです。
そして、今、京都にて流行っているかどうかは分かりませんが、
仏壇喫茶というのがあります。
店内の至る所に仏壇や仏具が展示されている喫茶店になります。

むしろ、前提が逆かもしれないと中坊進二は考えています。
喫茶店のテーマに仏壇や仏具を選んだのではなく、
仏壇・仏具店のついでに喫茶コーナーを設置しただけかもしれません。
事実、店長は「葬儀や法事の相談をしやすいように」
というコンセプトで作ったそうです。
京都府精華町の商業施設内にありますので、
気になる方は是非、行ってみてください。
本格的な豆を使いつつ、コーヒー一杯100円の超低価格になります。

中坊進二の個人的な意見としては、喫茶店というよりも、
純和風の茶店の方が風情として合うような気がしないでもないです。
コーヒーと線香の香りは微妙にミスマッチな気がしますが、
京都の宇治茶などは合うと中坊進二は思います。
お団子や万頭なども良さそうです。
そのうち、寺喫茶や神社喫茶なども登場するかもしれませんね。
庭園の茶室ではなく、仏像が祀られている本堂で飲食できる喫茶です。