中坊進二も大好きな京都の濃厚ラーメン


京都の料理と聞くと、薄味で上品なイメージを思い浮かべると思います。
そんな京都では色々なラーメンがあり、実はラーメン激戦区でもあります。
中坊進二も好きな京都のラーメンは、
しょうゆベースのこってり濃厚ラーメンが多いのです。
京都のイメージとは違う、パンチの効いたラーメンが数多くあります。
その濃厚なラーメンの虜になるラーメンファンは数多くいます。

中坊進二が京都でお気に入りのラーメンは、
ラーメン激戦区である一乗寺にあるお店の「亜喜英」のラーメンです。
このお店のラーメンはとろとろの鶏豚骨スープが特徴です。
一見すると白く濁っているスープですが、
臭みがなく濃厚なスープでひとたび口にすればその味の虜になります。
麺は中太のストレート麺で、濃厚なスープと非常に絡んで美味しいです。

中坊進二と食べに行ったことがありますが、麺とスープの相性が抜群です。
濃厚なスープの味が口の中に広がります。
それでいてくどくないので、ほどよく味わいが口の中に残ります。
それが癖になり、スープをついつい飲み干してしまいます。
中坊進二が京都のラーメンでここが美味しいとおすすめするのが分かりました。
行列のラーメン屋ですが待つだけの価値があります。
それに行列が出来るということは、それだけ美味しいという証拠にもなります。

京都のグルメというと、京風の味付けの上品な料理や、
抹茶を使ったものなどが思い浮かべます。
ですが濃厚なラーメンもそれはそれで美味しいのです。
京都に来た際は、中坊進二おすすめの亜喜英のラーメンで
濃厚な思い出を残してはいかがでしょうか。