京都の中坊進二が好きなユニークなカフェ


京都の中坊進二は、色んなカフェに行ってます。
コーヒーや食事メニューだけでなく、ユニークなカフェを巡るのが好きです。
そんな京都の中坊進二が好きなユニークなカフェが、嵯峨野湯というカフェです。
このカフェの特長は、昔ながらの銭湯をカフェに改装したところにあります。
番台がレジになったり、銭湯の雰囲気を残しながら
白を基調にした明るい雰囲気となっているそうです。

基本はお洒落なカフェだけれど、
所々に残っている銭湯の雰囲気が非常にマッチして凄くいいらしく、
京都の中坊進二は気に入っています。
銭湯のタイルが残っているのに内装が変わるだけで雰囲気が全然違う。
そこがお気に入りだそうです。

京都の中坊進二がこのカフェが好きなのは、サプライズに使えるからです。
観光で来た友人達と周辺を歩き、
疲れた時に「銭湯行こうか」というと大抵「??」という顔されるそうです。
そんな状態でお店の目の前に来ると銭湯だけど何かが違う…という雰囲気になるそうです。
そのまま中に入ると、思っていたものと全然違う明るいカフェなのでとても驚くそうです。
その時の驚く顔が見たくて、サプライズを仕掛けるためにこのカフェに連れて行ってます。

内装だけでなく、メニューも美味しいから友人達を連れていってるそうです。
パンケーキが美味しく、そこでも連れていった友人を驚かせています。

銭湯を改装したユニークなカフェが嵯峨野湯です。
お洒落で居心地がよく、いいカフェだと京都の中坊進二はお勧めしています。
外と中のギャップも楽しめる、ユニークなカフェです。
京都に行った際はそんなユニークなカフェに行くのも面白そうです。