中坊進二もハマった京都で七味作り


料理のアクセントに使われるのが七味です。
京都の中坊進二も好きな調味料の一つです。
七味は唐辛子をメインに
各種の副原料を調合した日本ならではの調味料です。
最近では欧米などでの日本食ブームに伴い、
七味も日本の定番調味料として認知されています。

そんな七味ですが、京都でオリジナルの七味が作れます。
京都の中坊進二もハマったのが、
京都ハンディクラフトセンターで行っている七味作りです。
麻の実や山椒、一味などの7種類の材料を
ブレンドしてオリジナルの七味が作れます。
京都の中坊進二曰く、
「観光客だけでなく地元の人にも行って欲しい場所」です。
京都の中坊進二は、七味好きや京都に観光に来た友人を
よく七味作りに連れて行っています。
自分だけの七味が作ることが出来る、
滅多にない経験が出来ると評判です。

七味好きの京都の中坊進二は実際に七味作りを始めると、
誰よりも集中して作っています。
辛いものが好きで辛さを強めにした結果、
少量でも辛い七味を京都の中坊進二は作りました。
勢いあまってそばの上に大量に七味を掛けた時は、
ヒーヒーいいながら時間を掛けて完食しました。
今度は風味と辛さのバランスを取りつつ、
好みの七味を作るために試行錯誤を重ねています。

中坊進二もハマった京都の七味作りはいい思い出になります。
完成した七味は竹筒の入れ物と一緒に持ち帰れます。
竹筒がお洒落でいいと評判です。
思い出と実益を兼ねたいい体験が七味作りなら可能です。
七味好きの方にぴったりな観光スポットです。