京都の中坊進二もよく飲むほうじ茶


日本人にとってお茶は心のオアシスだといえます。
お茶を飲むとリラックス出来て、すごくほっとします。
ほっとするお茶は緑茶だけではありません。
ほうじ茶でも同じようにほっと出来ます。
京都の中坊進二はよくほうじ茶を飲んでいます。
食後にはほうじ茶を飲むことで非常にリラックスしています。
口当たりがさっぱりしていて、
香ばしい匂いがするほうじ茶を京都の中坊進二は気に入っています。

中坊進二がほうじ茶を好きになったきっかけは、
京都の一保堂茶舗のほうじ茶を貰ったからでした。
近所の知り合いの方におすそ分けをしてもらい、
せっかく貰ったんだから飲んでみようとほうじ茶を飲んだところ、
非常に美味しかったようです。
香ばしい匂いが好きになりました。
それから食後やリラックスしたい時には
必ずほうじ茶を飲むようにしています。
あっという間になくなったので、
お店に出向いて買うようになりました。
一保堂茶舗のほうじ茶はさっぱりしているので、
脂っこいものを食べた後にも最適だそうです。
京都の中坊進二は揚げ物や焼肉を食べた後に
ほうじ茶は欠かせないそうです。

中坊進二は京都の一保堂茶舗のほうじ茶を、
上司や年配の方に手土産としてよく持って行っています。
ほうじ茶は評判がよく、勧めた甲斐があったと話していました。

飲みやすく香ばしいほうじ茶は、
人を選ばず飲める美味しいお茶だと京都の中坊進二は考えています。
自分で飲むもよし、
人にあげてもよしな京都の土産として中坊進二は勧めています。