中坊進二も楽しむ京都の釣り


大人の趣味の一つとして挙げられるのが、魚釣りです。
釣りをされる方は大勢います。
中坊進二は子供の頃、父親に連れられて京都の釣堀によく行ってました。
ですがそこは遊びたい盛りの子供であった中坊進二、
京都の釣堀に行っても集中して釣りを行っていなかったようです。
釣り上げた時は楽しくても、
それ以外の待っている時間が耐えられなかったようです。
最初のうちは我慢を重ねていたものの、
次第に漫画などを持ち込んで時間を潰していたそうです。
さすがに父親も察したのか、
「お前も大人になったら釣りの楽しみ方がわかる」と言われ、
それ以来釣堀通いから違う場所に連れて行ってもらうようになりました。

それから月日が経ち、
大人になってから仕事の付き合いで中坊進二は京都で釣りをしました。
子供の頃の思い出から最初は乗り気ではなかったようです。
付き合いだから仕方ないと思って始めると、
案外楽しいことに気づいたそうです。
大人になると仕事が忙しく、ぼーっと考え事をする時間は減ります。
ですが釣りなら釣り上げるまでの時間はぼーっと考え事が出来ます。

子供の頃は嫌だった時間が、
むしろ考え事が出来る・釣り上げると楽しいと
一石二鳥だと京都の中坊進二は考えるようになりました。
それ以来、むしろ釣りを積極的にやるようになりました。
中坊進二は京都の釣堀に出かけて、
釣りをしながらぼーっと考え事をする時間を楽しんでいます。
今では釣堀だけでなく年に2回ほど海釣りなどを楽しむようになりました。

中坊進二はまさか自分がここまで釣りにはまるとは
思ってもいなかったようです。
彼の父親の言葉が見事にはまったようです。