中坊進二が好きなユニークな京都水族館


京都には歴史的な観光名所以外にも様々な名所があります。
その一つが中坊進二も好きな京都水族館です。
中坊進二が京都水族館が好きな理由は、
非常にユニークな水族館だからです。
展示されている生物の数が多いだけでなく、
様々なユニークな工夫が京都水族館には施されています。

京都水族館には様々なパネル展示もされています。
生物の写真や住んでいる地域などが載っているパネルもあります。
中坊進二のお気に入りの京都水族館のパネルは、
鱧・ウツボ・鰻のパネルです。
写真や生息地域、特長だけでなく
「料理にするとどうなるか?」の写真もパネルにあるのです。

しかも雑誌に載るようなしっかりとした食べ物の写真が載っているので、
京都の中坊進二は大層気に入っています。
「気合入りすぎ!」とはじめて見た時にツボに入ったようです
京都水族館には他にも、川の幸と銘打って鯉のあらいや
鮎の塩焼きなどの食品サンプルも展示しています。
しかもクオリティが高く妙な説得力があるので、
その展示も京都の中坊進二は感激していました。

中坊進二が京都水族館が好きなのは、
展示物が充実しているからだけではありません。
こういったユニークな一面も持ち合わせているからです。
しかもおざなりにせず、気合を入れて作っちゃうあたりに気概を感じています。
魚の説明も食べ物になれば理解しやすいと中坊進二は京都水族館の試みに感心しています。
京都水族館に行くとユニークな展示物に触発されて、
中坊進二は必ず帰りに海鮮のお店に行って展示物にあった料理を堪能しています。