中坊進二も楽しんでいる、京都市動物園


老若男女に人気なのが動物園です。
いくつになっても動物を見ることで新たな発見をしたり感動したり、
癒されるものです。
中坊進二も楽しんでいるのが京都市動物園です。
大人になった今でも度々京都市動物園には訪れています。

中坊進二が京都市動物園が好きなのは、
「狭さをウリ」にしているからだそうです。
京都市動物園は4.1ヘクタールで上野動物園の1/3しかありません。
動物園=大きいというイメージを場合によっては覆すかもしれません。
ですがその狭さを逆手に取り、工夫を凝らした動物の展示があります。

例えばトラやライオンをはじめネコ科の動物を展示している
「もうじゅうワールド」では、一部では人止め柵を撤去しています。
そのため、トラやライオンの迫力を寄り身近に感じられるそうです。
中坊進二は色んな動物園に行きましたが、
京都市動物園ほど近くでトラを見たことが無いそうです。
息遣いも聞こえて、緊張感があって良かったと話していました。
京都市動物園ではトラが頭上を歩く空中通路もあり、
滅多に出来ない「トラを見上げる」という経験も出来て楽しいそうです。
近くで子供たちも見上げていたそうですが、
子供たちと同じように中坊進二も興奮していました。

至近距離で見られる動物は様々あります。
象もその一つです。
わずか4メートルという超近距離で象の水浴びを観察出来ます。
中坊進二は京都市動物園で象を眺めるのも好きです。
幼い頃から象を見ていたそうですが、
京都市動物園なら一番近く見られていいと話していました。

子供の頃に、象に近づいて見たいという夢が叶ったそうです。
気持ち良さそうに水を浴びている象を見ると和むそうです。
その他にもキリンを間近で見たり、
ゴリラの環境を再現した場所で活き活きとした
ゴリラが見られて楽しいと中坊進二は京都市動物園を楽しんでいます。
狭いがゆえに色んな工夫をしており、
狭いからこそ移動も便利で集中して見られると中坊進二は考えています。

間近で動物が見られる、
中坊進二も楽しんでいる京都市動物園に行くのもいいですね。
子供も大人も楽しめる動物園です。