京都のリッチなハンバーガーが食べたい中坊進二


中坊進二がよく利用するファーストフードは、
マクドナルドとモスバーガーとケンタッキーです。
先日、東寺駅(京都駅の隣)のモスバーガーでアボカドのやつを注文しましたが、
いつの間にかセットを含む平均が900円台になっていました。
昔に比べて、それぞれ少しずつ値上がっていますので、家計が少し苦しいです。
その分、美味しいので、いいのですが。

たまにですが、中坊進二はハワイアンのバーガーも利用しています。
(店舗名は忘れました)
そこのセットの平均は1,400円くらいなので、余程のご褒美じゃないと利用しません。
バーガー屋ですが、サンドウィッチが美味しいです。

今度、京都の映画館に原宿で有名なハンバーガーショップが開店するそうです。
リッチさを全面に押し出していて、単品価格の平均は1,500円といったところでしょうか。
ドリンクまで付けたら、2,000円に届きそうです。
京都の映画館のチケット代とどちらか高いか、分からなくなります。

原宿での一番人気はベーコンチーズバーガーですが、
京都限定として九条ねぎ賀茂なすモッツァレラバーガーを販売しています。
ねぎはともかく、なすはパテに合うのでしょうか。
一回くらいなら中坊進二も食べてみたいと思っているのですが、
やはり入館料は必須かもしれませんね。

中坊進二は小食なので、海外のハンバーガーは量的にちょっと苦しいです。
ハワイアンのバーガーのとこを利用する際も、お肉は4分の1にしてもらっています。
それでも、食い応えが十分にあって、なかなか食べきれません。
仮に、マクドナルドが商品の見本と同じレベルの肉の量にしたら、
確実に残す自信があります。