汗をかいたら熱中対策水を飲む中坊進二


最近、中坊進二がスーパーで目にするようなった商品が、
熱中対策水です。
普通のミネラルウォーターと何が違うのかと少し悩みましたが、
恐らくたくさん汗をかいて、
失われたミネラルを補給するための水だと思っています。
ところでこうした商品って、吸収力も違うのでしょうか。
こうした水は、熱中症になりかけの時に飲みそうなものなので、
ある程度の即効性が求められると中坊進二は考えています。
水やミネラルに吸収力があるかどうかは分かりませんが、
仮にあったらいいなと思っています。

熱中対策水の利点はいくつかありますが、
中坊進二はノンカロリーなところだと思います。
特に、今や社会問題にまで発展しているのが、
ペットボトル症候群です。
別に容器に罪はありませんが、
糖分が豊富に含まれているジュースを飲むことで、
糖尿病へと発展する恐れがあると言われています。
チョコやケーキなどのお菓子を節制しても、
ジュースで糖分を摂取しては何の意味もありません。

ダイエットをしている方も、
飲み物に関してはスルーしているのではないでしょうか。
アクエリアスやポカリスエットなどの人気商品がありますが、
あれらには非常に多くの糖分が含まれています。
だからこそノンカロリーな熱中対策水が好まれているのです。

そして、最近の熱中対策水は味付きです。
昔は水の味(もしくは海水の味)しかしませんでしたが、
最近の熱中対策水はかなり美味しいです。
これなら中坊進二もゴクゴク飲めます。
また、凍らせることが出来るタイプも販売されています。
結構、飲みやすいように研究・開発されているみたいです。