寝具にもこだわる中坊進二


1日の3分の1は睡眠時間です。
大げさに言えば、人生の3分の1の時間は睡眠です。
睡眠はただ寝るだけでなく、睡眠に適した環境で眠ることが大事です。
中坊進二は最近、寝具にこだわりはじめました。
若い頃は、中坊進二は布団一枚あればどこでも眠れたそうです。
畳やフローリングでも問題なかったそうです。

ですが、フローリングに布団を敷くと体が痛くなり、
しっかり寝ていても体の疲れが取れなくなったようです。
そこで中坊進二は京都の寝具店を回り、
寝具に力を入れ始めました。
最近では敷き布団の代わりに利用出来る、
厚みのあるマットレスを購入しました。

中坊進二が購入したマットレスは6センチ弱の高さを誇り、
マットレスの上に布団を敷かなくてもそのまま眠れるそうです。
体がいい具合に沈みこみ、
質のいい睡眠が得られるようになったと中坊進二は話していました。

マットレスを変えてからは、中坊進二はぐっすり眠れています。
「包まれるような感じがしていい」と購入したマットレスを大絶賛しています。
最初は値段がリーズナブルだけど
購入したマットレスより薄いものを買おうとしたそうですが、
せっかくだから!と中坊進二は思い切って高いほうのマットレスを買いました。
それが正解だったようです。

中坊進二は今度はマットレスに合う枕を購入しようと考えています。
寝具はなかなか手をつけない場所ではあるけれど、
自分に合ったものを思い切って購入するとぐっすり眠れると話していました。
1日や人生の3分の1に当たるのが睡眠です。
だからこそ寝具の質を高めてぐっすり眠り疲れを癒すのがいいですね。