スマホケースを変える中坊進二


スマートフォンを利用している人にとって、
スマホケースはもはや必需品と言えます。
スマートフォンを守るだけでなく、
自分の好みのものを使って個性を演出出来るのがスマホケースです。
中坊進二もスマホケースは数々持っており、
気分などによって使い分けています。

中坊進二は最初はスマホケースを使っていませんでした。
ある時誕生日に手帳タイプのスマホケースを貰い、
「せっかくだから使ってみるか」と思ってスマホケースを使い始めました。
スマートフォンをしっかりガードしてくれて、
尚且つ人と違ったスマートフォンを持っている気持ちになり、
それがいいと思って以来スマホケースを愛用しています。

家電量販店ではスマホケースは数多く並んでいます。
そこからお気に入りのものをじっくり選ぶのが、中坊進二の楽しみの一つです。

中坊進二は最近では家電量販店で取り扱っている
スマホケース以外のものも利用しています。
最近利用しているのは、
中坊進二が京都の雑貨屋で買った和柄のスマホケースです。
見た目も鮮やかな色で、
他の人と違った自分だけのケースというところが中坊進二は気に入っています。
同じ機種のスマートフォンを他の人が使っていても、
和柄のスマホケースを使っている人がまわりにいないから
スペシャル感があっていいと話していました。
スマホケースっぽくないところが中坊進二は気に入っています。

中坊進二曰く、スマホケースを変えるといい気分転換になるそうです。
気分を変えたい方、また個性を演出したい方は中坊進二のように
気軽にスマホケースを変えてみてはいかがでしょうか?