中坊進二は煮魚が苦手


焼き魚と煮魚ですが、後者の方が栄養が豊富だと知られています。
栄養素が全部煮汁にまで含まれていますので、
その汁まで飲むのが良いそうです。
ただし、塩分過多には気を付けてください。

中坊進二は煮魚が苦手です。
金目鯛の甘辛煮とか、かなり駄目です。
と言うのも、あの甘ったるい味付けがどうも変に感じるのです。
むしろ、ご飯のおかずに合わないと思っています。
塩辛い味覚が、煮魚では不足しているような気がするので、
あまりご飯が進む感じがしないのです。
煮魚は単品でそのまま食べています。
一方で、サバの味噌煮はよく食べます。
こちらは甘くないので普通に食べられますね。

kinme

中坊進二が焼き魚で一番好きなのは、紅鮭です。
あとはサンマの塩焼きをダイコンを添えて食べるのも良いですね。
ぶりの照り焼きも好物です。
一方で、ブリの煮つけはあまり好きではありません。

salmon

煮魚が嫌いというよりも、
中坊進二は甘辛煮が嫌いなだけかもしれませんね。
甘くない煮つけ料理とか、調べればいくらでもありそうです。
醤油と砂糖を使わない料理となると、あとは海外の料理でしょうか。
オリーブオイルとか入れるのでしょうか。
あとで調べてみたいと思います。

実は佃煮も煮魚の一種になります。
中坊進二はあまり佃煮は買いませんが、
道の駅で良いものがあったら時々買って食べています。
小魚の佃煮以外にも、クジラの肉を使った佃煮なんかもありましたよ。
味がかなり濃いので、まさにご飯の付け合せにぴったりです。

焼き魚と煮魚以外にも、蒸し料理というのがありますね。
タラとか、野菜と一緒に煮込んで、ポン酢を掛けて食べています。
かけるポン酢の量を調整するのが難しいですが、
これもどちらかと言ったら、野菜がメインの料理かもしれませんね。
そういえば、鍋にもよくタラを入れていますが、
これは煮魚と呼んでいいのでしょうか。
一応、魚を煮込んでいますが、中坊進二的には多分違う気がします。
ちなみに中坊進二の好きな鍋はキムチ味です。
白湯やちゃんこ、寄せ鍋、とんこつしょうゆよりも、
やはり鍋は辛い方がご飯が進むというものです。

pc