中坊進二はクレープを食べる


クレープ屋さんは昔から色々な人に人気です。
子供や女子高生が食べているイメージがありますが、
大人の方も男女問わずよく見かけます。
中坊進二も時々食べに行っています。
年に一回行くか行かないかですが、
クーポンを握りしめてクレープを食べにいきます。

中坊進二はシンプルなメニューが好きです。
あまり変わったメニューは注文しません。
たくさんトッピングするにしても、
生クリーム、チョコ、バナナの3種類になります。
なかにはアイスやイチゴ、各種フルーツを入れることも可能ですが、
あんまりたくさん追加すると、中身がこぼれてしまいそうですね。

crepe

野菜クレープもありますが、
中坊進二はそうしたものを食べたことがありません。
シーチキンが一番有名ですが、
それ以外にもレタス、トマト、きゅうり、
にんじん、ハムなど、まるでトルティーヤの様な感じです。
クレープはやはり甘いものに限ります。
一番変わったクレープと言えば、お好み焼きでしょうか。
外見はクレープ生地なんですが、
すごいことにそれにお好み焼きを包んでいます。
あまりの衝撃で思わず注文しそうになりましたが、
何とか踏みとどまることに成功しました。

tortilla

クレープ屋さんの需要はかなり高いと中坊進二は思っています。
大学近くにクレープ屋さんがあって、
学生時代は頻繁に通っていましたが、
そのクレープ屋さんは今でも普通に営業しています。
もう10年以上経つのですが、人気店として繁盛しています。
中坊進二が通っていた大学周囲の通りは、商店の入れ替えが激しく、
5年も経てば、半数のお店は変わっているところでした。
そうした過酷な生存競争にも
クレープ屋さんはしっかりと生き残っているのです。

単に、中坊進二の母校に甘党が多く集まっているだけかもしれませんね。
ちなみに、隣のたこ焼き屋も生存していました。
ラーメン屋はコロコロ変わりますが、クレープ屋さんはかなりしぶといです。
今度の学祭の時にでも、そのクレープ屋さんへ行きたいと中坊進二は考えています。