腕時計型携帯電話に求める機能を考える中坊進二


最近、腕時計型携帯電話の話題を見かけませんね。
商品名はアップルウォッチ
種別はスマートウォッチと呼びます。
広義的にはウェアラブル端末と言い、
様々な名称で言い表すことが出来ます。
中坊進二の知り合いでは、
腕時計型携帯電話を使用している人はいません。
アップルウォッチが発売された当初は、
出勤前に買いに行った方がいましたが、
今はもう付けていないそうです。
普通に板状のスマホを使っています。

applewatch

腕時計型携帯電話はある意味、
時代を先取りしすぎたアイテムだと中坊進二は思っています。
スパイ映画でよく見かけますが、
そこで登場する腕時計型携帯電話は超高性能で
現代の科学ではほぼ実現不可能なものが搭載されています。
空間に画面が投影されて、その画面を指でタッチして操作する、
くらいの機能が搭載されないと腕時計型携帯電話は売れないと
中坊進二は思っています。

そもそも今の時代、
腕時計はファッション程度の機能しか求められていません。
時を知るためのアイテムですが、
今や色々な方法で時間を知ることが出来ます。
携帯電話にも普通に時計は付いていますし、
その時刻はオンライン対応なので1秒の誤差もありません。
また飲食店やコンビニに行けば置時計が飾ってありますので、
どこに行っても正確な時間を知ることが出来ます。
困るのは、携帯電話の電池が切れた時くらいですが、
しっかり充電を欠かさずしておけば、
そうしたトラブルも防げると中坊進二は考えています。

fashion

スマートフォンに最低限求められる機能は、
やはり画面の大きさだと思います。
中坊進二の母も、もっと大きいのを買えば良かったとボヤいています。
ただしあまりに大きいとポケットに入らず、
そうしたジレンマに悩んでいる様子です。
そうしたスマートフォンの画面と比べると、
腕時計型携帯電話の画面は非常に小さいです。
大体サイズは10分の1から5分の1くらいでしょうか。
このサイズではゲームも出来ません。
画面を大きくすれば大丈夫かもしれませんが、
それでは腕時計の意味がなくなりそうです。
やはりスパイ映画のように、
空中に画面を投影する機能を付けるべきだと、中坊進二は考えています。